VIO脱毛妊娠や不妊への影響ある?

VIO脱毛するにあたって、女性の方は妊娠や不妊には影響がないのか、疑問を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。確かに他の部位と違い、VIOはデリケートゾーンの脱毛になりますし、光を照射するわけですから子宮に何かしら影響があるかもしれない…と不安に思ってしまうのも無理ありません。では実際のところ、脱毛 VIOで妊娠しにくくなるなどの影響はどうなのでしょうか?

これは結論から言ってしまえば影響ありません。VIO脱毛の施術をしたからといって、その光が子宮に影響を与えたり、またそれが原因で不妊になったりといったこともありませんので安心してください。

そもそも脱毛施術で扱われるレーザーや光が反応するのは、皮膚の表面にあるメラニン色素(黒い色)に対してです。肌を通り越して子宮まで影響を与えるというものではありません。もしそんなことがあるとしたら、今頃日本で脱毛は間違いなく禁止されているはずです。

ですが、一般的に妊娠している方に対しては脱毛施術をすることができないといいます。これはなぜかと言いますと、妊娠中はホルモンバランスも崩れており、気持ち悪くなったり体調を崩したりといった想定外の体の変化が起こりやすい時期でもあります。子宮の胎児に影響があるといったことではないのですが、万一脱毛に来て胎児に対して何か影響があった場合にサロンやクリニックはその責任を負えません。そのため妊娠中の方の施術はあらかじめお断りしている、というわけなのです。